中部商工業協同組合は組合員様に外国人技能実習制度や燃料コストの低いエマルジョンの導入など愛知県名古屋市を中心に中小企業の為の組合ネットワークを構築しております。

HOME » 組合事業内容 » 外国人技能実習事業 » 技能実習制度活用のメリット

技能実習制度活用のメリット

1.職場環境の活性化

外国人技能実習生の実務実習への積極的な取り組みの姿勢は、社員・パートタイム社員への仕事に対する意識を改革させ、良い職場環境を育みます。

2.労働基準法に準じた賃金で技能レベルの高い人材を受入

現在、日本国内において外国人技能実習生受入の需要が年々増加しており、実習生(2、3年目)においては実践における即戦力となっております。
技術面、語学力等、また貴社社風にあったより良い優秀な人材(実習生)を労働基準法に準じた賃金で受入れが可能です。

3.業務に合わせたシフト体制にも対応

2年目以降の実習生の場合は、企業活動のシフト体制に100%準じることが可能です。労働基準法に準じれば、残業・深夜・休日の実習も問題ありません。

4.人事管理業務大幅低減

人事管理は企業において重要であり、大変な業務でもあります。そういった職場定着性の悪化によるパート・アルバイトの募集・面接等や退社の業務処理が大幅に低減されます。

5.安定した生産性による経営基盤の確立

実習生の実務実習への取り組みは、生産性の安定化に寄与し、更なる経営基盤の確立を図ることができます。